読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中庸に敗るとは言わせない

オーケストラからアメリカンフットボール部に転身したら、でかくなりすぎて親に認識されなくなった文系大学院生。

どこから子供でどこから大人なのか、一応20で成人とはなってるけど、その区別って曖昧。確か35歳くらいまで青年らしいよ。

 

お前らは子供だ、と最近言われた。

じゃあ子供ってなんだ。

自分のイメージだけど、子供は思ったことを口に出す印象がある。

「あっ車だ、(ブーブーとか擬音で言うこともあるけど)」、とか

大人になるにつれて、思ったことをその場で言わなくなる。

それは、”空気を読む”ってことがいい意味でも悪い意味でもできるようになるからだと思う。

学生、とくに高校生とか大学生とか、社会と学校との境界にいるような時期は思ったことを言える、言えないの間にいるように思う。

 

ただ、その思ったことを陰で言う。

それがよくない。自分もたまに言ってしまうときもあるけどね、、、

小さな子供は思ったことを言うけど、それは対象の外的印象しかもっていないからだ。

車はなんか動いている機械、人を乗せる機械。

それがどう作られているのかなんて、まあ知らない。別に知らなくていい。

対象がモノならそれでいいと思う。

 

だけど、徐々に人に触れるようになる。

第一印象は確かに大切だ。間違いない。

でも、人ってのはそういった枠だけではない。中身がある。

 

そんなこと、大学生だって分かってる。

ただ、その中身を見ようとしないから、決めつける。

 

じゃあ見ないのは悪いのか。そんな会う人会う人に興味はもてないよ。

 

わかる。

 

だから、結局は外見(身だしなみ含め、動作とか)。

 

だけど、中身もあるんだってことを忘れるな。

決めつけるのはよくない。

 

PS)ただ、社会にでると、そんなにちゃんと見てくれるチャンスなんてなかなか無いんだろうね。

 

この前、「運動部はなぜ就職でモテるか?」って質問にいい意味でも悪い意味でも、やれと言われたらやるから、と答えたが、今思えば結局は体力がものいうからと答えればよかった。