日常トライ&エラー

オーケストラからアメリカンフットボールに転身したら、でかくなりすぎて親に認識されなくなったサラリーマンの日常。

草食動物的に記憶を取り出す。

草食動物は、胃がいくつもある。

一度食べたものを、一度で消化しない。

口から胃、胃から口に、

食べたものを移動して、

咀嚼する。

 

僕は何でも食べる。

嫌いなものはない。

 

僕は何でも記憶する。

嫌なものは寝たら忘れる。

 

草食動物のように、食べたものを逆流させることはないけれど、

記憶したものを、ときに取り出す。

 

ああそんな日もあったなと、

今日の、そして明日への糧にする。

村上龍『希望の国のエクソダス』

自分は会社なんかに縛られていないと思ってた。

昇給なしという会社の方針を聞いたときだけど、信じられないことに、目の前が真っ暗になったんだ。昇給といっても、年に二回、せいぜい数千円だよ。

しかし、恥ずかしい話だが、なくなってみて、それがモチベーションになっていたんだなと、気づいた。

それまでは当たり前のことをだったんで、気づかなかったんだろう。

サラリーマンにとってサラリーは恐ろしいもんだ。自覚がなくても、結局はそれが精神まで支えている。誰かに認められたり、誰かに褒められたり、ということの象徴が年に二回の昇給だったというわけで、おれはそれが無くなってみて初めて気がついたということだけど。

ネコがいるよ

仕事終わりに母親からラインの通知。

 

ネコがいるよ

 

60代の母親にもとうとうボケが入ったか、そんなことで連絡してくるなよと、心配しつつ苛立ちつつ、

電話をかける。

ご希望のビデオ通話に切り替える。

 

 

ネコがいた。

 

 

真っ白の毛並みで、肌色の目やにが少し残るネコ。

3歳くらいだろうか。

 

家に紛れ込んで弱っていたのを拾ったらしい。

 

そうか家にネコがいるのか。

いるか、ネコぐらい。

 

なんだか気持ちが整った。

こんな仕合わせもありだなと、

帰りしなに微笑む。

 

ああ明日も生きようと、

グリーンラベルのプルタブを開いた。